竹鼻線ニュース

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

takeuse

Author:P車解結可6連nomihata
名鉄竹鼻線・羽島線沿線に住む2人の著者が更新しています。
竹鼻線であった様々な出来事を、可能な範囲でお伝えしていきますので、よろしくです!


コメントについて
コメントは内容により著者から返信させていただきます。同じ内容のコメントを何度も投稿、意図の分からないもの、記事の意にそぐわないと判断したものは、削除することがあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

05  01  12  10  08  07  05  03  12  10  08  07  04  02  12  11  08  06  05  04  03  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08 

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

(2010/11/03~)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | |
10/18 羽島市役所前で車両故障、ダイヤに大きな乱れ
10月18日5時ごろ、羽島市役所前で車両故障が発生。この影響で竹鼻線のほか、名古屋本線をはじめとする各路線にまで遅延や運休が発生した。
161018-ダイヤ乱れ
161018-ダイヤ乱れ posted by (C)P車解結可6連

161018-3152_1
161018-3152_1 posted by (C)P車解結可6連
当該編成は3152F。昨夜の流れは不明だが、通常なら岐阜23:33発の竹鼻線終電、普通/羽島市役所前(当サイト運用番号20)に充当された編成のはずである。
翌朝は所定なら羽島市役所前5:28発の普通/岐阜(当サイト運用番号01)に充当されるはずであるが、今回は2番線に留置されるもう1編成を同列車に充当したと考えられる。但しこの「竹鼻線最終が翌朝の始発」「新羽島行最終が翌朝始発の次」という関係が崩れることは、今回のような異常時に限らず時折発生しているようだ。
写真は9:45頃の様子で、係員が前後の乗務員室で原因を突き止めようとしていたようだ。中にはスーツ姿の社員もおり、各所と連絡を取り合っていた。
161018-3152_2
161018-3152_2 posted by (C)P車解結可6連
それから約10分後、前後の乗務員室に居た係員は大半が地上に降り、床下機器を弄っていた。これを見る限り異常があるのはク3152の山側に取り付けられた機器のようだ。
160110-3152(床下機器)
160110-3152(床下機器) posted by (C)P車解結可6連
偶然にも手元にク3152の山側の写真があったので、参考までに掲載する。係員が作業をしているのは赤丸で囲んだ機器、整流装置である。
161018-3152_3
161018-3152_3 posted by (C)P車解結可6連
その2分後、尾灯が点灯。
161018-3152_4
161018-3152_4 posted by (C)P車解結可6連
その10分後、パンタグラフも上がった。

一旦駅付近を離れ、墓参りをしていたら3100系3次車×2(ト3122F+3120Fギ)が羽島市役所前に到着。同駅で後ろ2両を切り離し、前の2両はそのまま新羽島へ向かった。てっきりこの2両が笠松まで引っ張って行くのかと思われたが、実際は3152Fの後ろ(豊橋方)に連結。

映像は駅前の踏切を塞いでいたため、取り敢えず4連の停車位置目標まで移動させる様子(カメラが上下に動いてしまって見づらい箇所があることをご承知願いたい)。僅かではあるが、3150系の走行音をお聞きいただけるだろうか。要するに「起動できなかっただけ」(重大な問題だが)で、走行する分には特に問題なさそうな様子である。
161018-3152+3120
161018-3152+3120 posted by (C)P車解結可6連
連結された3152Fと3120F。この編成は11:10ごろに羽島市役所前を発車。普段通りの加速であり、係員同士のやりとりを聞くと電制も利かせていたようだ。

ところで3152Fは朝5時から約6時間に亘って羽島市役所前1番線を塞いでいたことになり、この影響で竹鼻線は11時ごろまで30分ヘッドでの運転を余儀なくされた。


羽島市役所前は1・2番線とも上下方向への発車が可能であるが、現ダイヤでは原則として笠松方から2番線に入線することは無いほか、2番線から新羽島方への発車は大須方面廃止前まで遡る必要がありそうだ。今回の例は待避設備をフルに活用する竹鼻線では致命的であり、30分ヘッドとする以外方法がなかったと思われる(市役所前1番線で折り返しという手も無いわけでは無いが…)。
そのためTwitterでは朝の竹鼻線の惨状に関するツイート(本日朝の使用車両は3700系3703Fと、クロスシートのせいでラッシュ時に遅延を起こす3300系3303Fであった)のほか、遅延が名古屋本線はじめ各線に波及したことに関して「理解に苦しむ」というような趣旨のツイートも見られた。但し一部ツイートによると遅れの原因として「岐阜地区の濃霧」も挙げていた例もあるようで、これが大規模な遅延に繋がった一因とも考えられる。

161018-5003
161018-5003 posted by (C)P車解結可6連
10時~12時台は朝から使用されていた2編成に加えて救援編成の片割れ(3120F)が加わった3編成で、12時過ぎに笠松出庫の5003Fが登場してようやく15分ヘッドに復帰、ダイヤ乱れも収束した(但し名古屋本線などでは引き続き遅延が続いた模様)。
13時以降は、笠松基準で10分発:3703F 25分発:3120F 40分発:5003F 55分発:3303Fの4編成で運転されている。

[執筆:P車解結可6連]
スポンサーサイト
車両 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tlinenews.blog136.fc2.com/tb.php/135-8d619e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。