竹鼻線ニュース

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

takeuse

Author:P車解結可6連nomihata
名鉄竹鼻線・羽島線沿線に住む2人の著者が更新しています。
竹鼻線であった様々な出来事を、可能な範囲でお伝えしていきますので、よろしくです!


コメントについて
コメントは内容により著者から返信させていただきます。同じ内容のコメントを何度も投稿、意図の分からないもの、記事の意にそぐわないと判断したものは、削除することがあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

05  01  12  10  08  07  05  03  12  10  08  07  04  02  12  11  08  06  05  04  03  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08 

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

(2010/11/03~)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | |
第3大島開渠を有道床化へ
路線に沿って歩いていると、「橋」というほど規模は大きくないものの
水路・用水をまたぐ橋のようなものがあります。
これを開渠というわけですが、その多くは鉄骨製の土台の上に枕木が置かれた形です。


(笠松・西笠松間 2011/01/30)
竹鼻線笠松・西笠松間にある「第3大島開渠」もその1つです。

その「第3大島開渠」になにやら不穏な動きが…。
ケーブルを保護をするもので守られた通信ケーブルに、工事現場でよく見かける看板。
その看板には「水路を改良しています 有道床化工事」の文字が。

つまり、現在ある開渠にはない道床(線路・枕木の下のバラストなどの部分)を設けるということ。

道床がない場合、音を吸収するものがないため、騒音が発生しやすくなるための対応?
老朽化というものも考えられるかもしれません。
ただ看板を見る限り、水路の改良のついでに行うとも読み取れます。

どうであれ、この工事は3月11日まで実施。
工事時間は9:00~17:00(工期うち3日間は夜間22:00~6:00全面通行止)
現場のすぐ横には笠松中学校があるので、安全はもちろん円滑に進めていただきたいです。

<Report:nomihata

スポンサーサイト
路線 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tlinenews.blog136.fc2.com/tb.php/30-47801904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。