竹鼻線ニュース

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

takeuse

Author:P車解結可6連nomihata
名鉄竹鼻線・羽島線沿線に住む2人の著者が更新しています。
竹鼻線であった様々な出来事を、可能な範囲でお伝えしていきますので、よろしくです!


コメントについて
コメントは内容により著者から返信させていただきます。同じ内容のコメントを何度も投稿、意図の分からないもの、記事の意にそぐわないと判断したものは、削除することがあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

05  01  12  10  08  07  05  03  12  10  08  07  04  02  12  11  08  06  05  04  03  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08 

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

(2010/11/03~)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | |
廃線から11年半…ここまで変わりました
2001年10月に廃止された旧竹鼻線の江吉良・大須間に変化が起きました。


工事を伝える看板。そこには「電柱の撤去をしています。発注者名古屋鉄道」の文字。
この看板は、2001年10月に廃止された旧竹鼻線の大須方面へ伸びる線路跡地の江吉良駅付近にある。
いったい何が変わったというのか――。


ということで「小改造!!鉄的ビフォーアフター」


かつて廃線跡地には架線柱が立ち並び、鉄道が走っていた面影を残しながらも、営業当時のような管理はされていないため「もしかしたら倒れるかもしれない」そういった恐怖に依頼者はおびえていました(架空)
それが…


なんということでしょう!11年半経ってこの有様!
ようやく架線柱が撤去されたものの、引き続き廃線跡のまま!
視界をさえぎるものは無く、依頼者を恐怖に陥れていた「もしかしたら倒れるかもしれない」という危険性も一切なくなりました!



…ごめんなさい。

<Report:nomihata

スポンサーサイト
路線 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tlinenews.blog136.fc2.com/tb.php/87-bb81d465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。